最新の抗がん情報まとめ

漢方薬によって抗がん効果を得るメリットとは

漢方薬によって抗がん効果を得るメリットとは がんという病気は未だに国内の死亡率で1位になっている、非常に厄介な病気です。
万が一この病気になってしまったら自然に治る期待が持てないばかりか、命を落とす危険性があります。
だからこそ出来るだけ早い段階で、医学的な対処法を実行すべきです。
がんに対処する方法と言うと外科手術を受けるか、抗がん剤や放射線による治療を行うのが一般的だったりします。
所がこの方法だとがん細胞と同時に、健康な細胞を傷付ける事も少なくありません。
その結果、身体に余計な負担を掛けてしまい体調を悪化させるリスクも高いので厄介です。
だからこそ最近では漢方薬による抗がん効果が、注目を集めています。
その理由として西洋医学的なアプローチよりも、身体に余計な負担を掛けずに治療が行える事です。
というのも通常の抗がん剤には、がんに対処する効果が得られるだけでなく身体に負担となる成分も多く含まれています。
ですが漢方薬の場合は基本的に自然の生薬から生み出されているので、天然成分が含まれているだけで身体に余計な負担を掛けずに済ませる事が可能です。
しかも漢方薬の中には正常な細胞は攻撃せずに、がん細胞にだけ自然死を促す様な効果のある物もあります。
この様に身体に負担を掛ける事なく、がん細胞を対処出来るというメリットが1番に大きいです。

抗がんに関して漢方のメリットと比較について

抗がんに関して漢方のメリットと比較について 抗がんと言う難しいものに関して漢方で思いつくものは昔の人は皆知っているサルのこしかけ、丸山ワクチンがすぐに思い浮かぶが、実際には高価で全ての人が利用できるものではありませんでした。
高麗にんじんなども決して安価なものではなく入手したとしても続けるにはかなりのお金がかかりましたので、実際に試したものはちょうど抗がんが必要な者が身近にいたのと、その名前が出始めた頃に知ったアガリクスと言うものす。
ブラジルから日本に入ってきたものでアガリクス・ブラゼイムリルという原材料名のきのこがエキス・顆粒として売り出されたばかりで、必死になってこのアガリクスについて調べた結果体への負担も殆どなく滋養強壮にも優れているものだと知り、当時3回目の癌の再発が案じられていた状態で1ケ月後の検査の為までに病院から出された薬を一時ストップし、この聞きなれないアガリクスに賭けてみようと使用しました。
もちろん全ての人に対して効くというものはある訳はありませんが、効くと信じることが再発をストップさせる一番の効果だと信じ味噌汁やコーヒーにエキスを混ぜて飲み続けてもらいました。
その当時の価格はエキスとしては高いものでありましたが一瓶で1ケ月持つのがメリットで検査までの1ケ月間試すのにはちょうど良かったので、他にもきのこを主体とする抗がんとしての漢方は多種ございましたが、比較もせずにアガリクスだけを使用しようと決めました。
その結果今でも奇跡としか言いようがございませんが1ケ月後の検査で肺に見えていた再発の影が見事に消えており、 当時の担当の医者からも不思議がられたのを昨日の事のように思い出しました。

抗がんに関する情報リンク

抗がん 漢方

新着情報

◎2018/6/29

サイト公開しました

「癌 メリット」
に関連するツイート
Twitter